MBA キャリア

MBAで学ぶエッセンスを自宅で簡単に学ぶ方法とは

MBA

若手社員
MBAをとりたいけど、会社辞めるのは経済的に無理だな〜

 

リーダー
ビジネスでさらに活躍するために、MBAで学ぶエッセンスがほしいんです。

MBAの知識を簡単に学びたいんだよな〜

 

MBAに興味はあるけど、ハードルが高くて少し躊躇している方も多いのではないでしょうか。

私は、2年間かけて国内MBAを取得した経験があって、そこで学んだ知識がビジネスにとても役立っています。

MBAに行かなくても、MBAで学ぶ知識をどのように身につけることができるか、その方法についてお話します。

 

MBAとは

MBA対策

MBA(Master of Business Administration)は経営学修士のことで、大学院で経営学を修了した人がMBAホルダーと呼ばれるようになります。

2000年代にはMBAブームが起こり、ビジネス界で実務家として活躍するためのパスポートとして注目されていました。

MBAの取得には短期で1年、通常だと2年の期間がかかります。

当時は、会社を辞め、海外または国内の全日制フルタイムでMBAを取得するという人が一般的でした。

 

そのころは、まだMBAの市場価値がそれほど一般的に流通していなかったため、リスクをとってキャリアアップを目指す人が多かったのです。

時代を経て、国内MBA取得で得られるリターンが広まってきたことで、2年間キャリアを断絶してMBA取得を目指す人が減っています。

国内MBA取得が転職市場でどう有利に働くかについては、こちらの記事を参考にしてください。

 

オススメ
国内MBAは転職に有利か
国内MBAは転職に有利か? MBAホルダーが語る市場価値のリアル

ビジネスで活躍する経営者の多くが取得しているMBA(Master of Business Administration)。 一度は名前を聞いたことがあるのではないかと思います。 MBAで、経営学修士号 ...

続きを見る

 

会社を辞めずMBAのエッセンスを学ぶ方法

とはいえ、MBAで学ぶ経営学の知識は、ビジネスの実践ではとても役に立ちます。

20代でビジネスの世界を駆け抜け、一通り仕事を覚えてくると「感じている課題を深く考察したい」、「これまでの知識を体系的に整理したい」といった気持ちになってくる方も多いと思います。

そういう方にMBAで学ぶことができるエッセンスはぴったりです。

 

今は情報も充実してきていて、会社を辞めることなくMBAのエッセンスを学ぶ方法が充実しています。

本記事では、簡単にMBAのエッセンスが学べる方法とそれぞれのメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

 

1.パートタイム型やオンライン型MBAで学位を取得する

国内MBA

「MBAを学位として取得したい」「MBAホルダーと名乗りたい」と考えている方におすすめなのが、夜間の国内MBAに通学するか、オンラインでMBAを取得する方法です。

夜間や土日だけの通学や、オンライン講義だけで卒業可能なパートタイム型MBAやオンライン型が最近では人気となっています。

パートタイム型やオンライン型MBAであれば、会社を辞めることなく通学できますし、卒業することで学位も取れます。

 

代表的な学校として下記があります。

 

パートタイム型やオンライン型MBAで学位を取得するメリット

最大のメリットは、優秀な人と学ぶことができる点です。

MBAでもっとも重要なことは、同級生にどんな人がいるかです。

パートタイム型MBAは会社を辞めずに入学することができるので、第一線の現場で働く優秀な社会人がパートタイム型やオンライン型MBAに集まっている現状があります。

グループワークやディスカッションが多いMBAでは、まわりにどんなバックグラウンドの人がいるのかについて、しっかりリサーチすることが大事です。

 

もう一つのメリットは、繰り返しになりますがMBAの学位が得られるという点です。

夜間授業でも列記とした大学院になるため、最終学歴が大学院卒となります。

 

パートタイム型やオンライン型MBAで学位を取得するデメリット

デメリットは、今回ご紹介する方法の中ではコストがかかる点です。

グロービスや私学などで300〜400万円、神戸大学などの国立でも約150万円の費用が2年間でかかります。

学費以外にも書籍代など諸々考えると、ある程度の費用がかかってしまいます。

 

また、2年間の継続学習が必要になります。

MBAの授業は予習にかなりの時間を要するため、仕事と両立しながら卒業するには相当の覚悟が必要です。

2年間かなりしんどい生活を送る決心があるかどうかを考えず、安易に申し込んでしまうと後々後悔することになりかねません。

 

2.オンラインで学ぶ

オンライン講義

MBAをがっつり学ぶほどではないけど、エッセンスだけ学びたいという方には、オンラインで学ぶMBA講座がおすすめです。

リーダーシップ、マーケティング、ファイナンスなど、自分が興味関心のある分野だけ選択して学ぶことができるので、ライトに学習したい方におすすめです。



上記でご紹介したグロービス学び放題は、300コース、2,700本の動画を空いた時間に、好きなだけ学習できます。

 

オンラインで学ぶメリット

オンラインで学ぶメリットは、スキマ時間で学習できるので、時間や場所が制約されないことです。

時間がないけど手軽に学びたいという方が、MBAで学ぶ知識を手に入れることができます。

最近では、コロナウィルスによる自粛の影響でなかなか外出できない中でも、自宅で簡単にMBAスキルを手に入れることができます。

 

価格も月額1,634円と書籍1冊分の料金で受講し放題な点もとてもお得です。

人気講師の講義を聞くことで、難しい内容も理解しやすく、初学者にも学びやすいというメリットもあるため、簡単にエッセンスを身につけたい方におすすめです。

 

オンラインで学ぶデメリット

オンラインで学ぶデメリットは、ディスカッションを通じて学びを深めることができない点です。

オンライン講義は動画を見る形式なので、学びを実践に昇華させることまではできません。

学びのアウトプットについては、自らが仕事を通じて実践するしかないという点がオンラインのデメリットです。

 

3.書籍で学ぶ

MBA経営戦略

最近はMBAに関連する書籍も増えてきました。

じっくり体系的に知識をつけたい方は、本で学ぶのもエッセンスを習得する有効な方法です。

 

王道の書籍から、MBAの授業で実際に行われているケースメソッドの臨場感を味わえる本など、様々な書籍がでています。

興味のある分野の本をぜひ手にとって、読み進めていただければと思います。

 

書籍で学ぶメリット

書籍で学ぶメリットは、オンライン同様、スキマ時間で学習でき、時間や場所が制約されないことです。

また、実際のMBAの授業で使われる書籍も多く、それらを読むことでエッセンスを体系的に手に入れることができます。

 

読書も自宅でできるので、今の御時世の学び方としてぴったりの方法です。

Amazonを使えば、自宅に簡単に書籍が届きますので、さっそく明日から学習をはじめられます。

 

書籍で学ぶデメリット

とにかく挫折しやすいのが、書籍で学ぶ最大のデメリットです。

体系的に書かれている学術書は、ハードな内容の本も多いです。

レベルと目的にあわせた書籍選びをすることが、挫折しないポイントです。

 

また、書籍を何冊も購入すると意外とコストがかさみます。

読み放題のkindle unlimitedにもMBAに関連する書籍があるので、まずは手軽に触れることができる本から読み進めてみるのもよいかもしれません。

 

さいごに

新入社員読書

今の時代、ビジネススクールに入学しなくても、MBAのエッセンスを簡単に学ぶことができる時代です。

「MBAに関する知識を得て、ビジネスに活かしたい」「今の仕事に行き詰まって、ブレイクスルーしたい」といった悩みを持った方は、ぜひMBAのエッセンスを学習してみることをおすすめします。

オンラインや書籍での学習は、今日から簡単にスタートできます。

みなさんが、MBAのエッセンスを習得し、ビジネスの場で飛躍されることを願っています。

 

オススメ
MBA準備
国内MBAを目指す人が準備すべき対策について完全解決

  若手社員キャリアアップを目指して、国内MBAを考えてます!!   MBA取得を目指す理由はさまざまだと思います。 海外でMBAを取得するのは金銭的にもいろいろ厳しいけど、「国内 ...

続きを見る

-MBA, キャリア
-,

Copyright© キャリアサロン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.